静岡発!セールスフォースで顧客管理・営業支援を加速するブログ

カテゴリーアーカイブ

2017.05.30

再び人工知能ブームの到来か

ここ近年、人工知能(AI)に関したニュースや話題が増えてきたように思います。

こうした人工知能のブームは、最近始まったわけではなく、実は三回目のブームのようです。

過去二回ブームがありましたが、人工知能という分野はとても奥がふかいのだと感じました。

一度目のブーム

調べてみると、最初のブームは1960年ごろに第一次ブームが起こっており、このころは推論・探索へのアプローチが主流でした。

具体的には、迷路を脱出ロジックだったり、パズルの答えを導きだしたり、今でも話題になる囲碁・将棋・チェスなどのAIなどが流行っていました。

実は、私もこの分野に興味をもち、昔パズルを解くアプリを作っていました。
よくパズル雑誌にある数独やお絵かきロジックなどのパズルを高速、正確に解を導く方法を研究して、Vecterで公開をしました。
(ちなみにこれです。)
今は公開をしていますが、現在はメンテナンスをしていません。

これらロジックは、対応範囲がとても狭いので、現実の問題には対応できないとのことで下火になっていき、いったん収束していきました。

二度目のブーム

一度目のブームから20年くらい後の1980年代ごろになって第二のブームが来ました。

このころは、「エキスパートシステム」という概念の開発がさかんになっていたようです。

専門的な知識にあたる情報のデーターベースを構築し、現実的な課題を判断して解決するような仕組みが考えられたようです。

たとえば、「患者さんが高熱になり、熱を下げるには?」のような問いに対して、

「解熱剤を飲ませる。」

「水分をとって睡眠をとる。」

などの解決策を導きだすことができました。

ただ、人が判断した場合には絶対に選択しないような答えを出したりするような場面が数多くあり、表現が良くないですが「殺す」のような回答をしてしまうことがありました。

この例のように絶対に選択しない回答であれば答えから除外するのは簡単ですが、こうした「常識」から外れた答えはキリがないほど多く、人間の「常識」はコンピュータに理解させるのがとても難しい課題でした。

こうして、再びブームが去っていきました。

三度目のブーム

そして、現在、三回目のブームがやってきました。

Pepperのような人型ロボットの登場、コンピュータのハード面の向上、画像処理技術の向上、Iotとしていろんなものがインターネットに接続されるようになってきた現在、再び人工知能が注目をされてきています。

私たちが商材として扱っている、セールスフォースもアインシュタインという名のAIが組み込まれてきました。

お客様へのアプローチをAIが判断してくれるようになってきました。

今後もこの分野が進化していくと思いますので、将来がとてもたのしみです。

2017.04.27

【技術者日誌】現実世界からのさらなる広がり

みなさんは、バーチャルリアリティとか拡張現実という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。どちらも、現実世界だけでは経験できない事を可能にする技術です。

ひと昔前では考えられませんでしたが、近年のコンピュータ技術の向上によりいろんな面白い事ができるようになってきました。

これらの技術を利用したサービスを一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

簡単にですが、バーチャルリアリティと拡張現実について書きたいと思います。

拡張現実 (Augmented Reality:AR)

拡張現実とは、言葉が示す通り現実世界に「何か別の情報」を拡張する技術や手法を指しています。

単純に人が目で見ているだけでは、モノの形状と色、距離くらいしか情報がありません。

スマフォやタブレットに付いているカメラを使うことにより、映る映像だけでなく別の情報をプラスすることができます。(カメラ越しに現実世界を見るイメージです。)

ひと昔前だと画像処理の速度などがそれほど早くないので、カメラは写真を撮るくらいしかできませんでした。

こんなことができるようになったのも、映し出された映像(画像)の画像処理技術の向上と処理を早くするためのハード面の向上があって実現できていると思います。

このAR技術を使ったものとして、こんなものがあります。

  • チラシ、パンフレットにかざすと動画が再生したり、商品案内が表示される。
  • 夜空にかざすと、星座の説明が表示されたりする。
  • 室内をかざして、家具のレイアウトをシミュレーションする。

この他、探してみるとこのAR技術を使ったサービスがすでにいろんな場所で見かけますが、今後の広がりが楽しみですね。

バーチャルリアリティ (Virtual Reality:VR)

バーチャルリアリティとは、仮想(Virtual)現実(Reality)を組み合わせた言葉ですが、実際の現実(リアル)では体験できないことを、仮想的に疑似体験する技術などを指しています。

人には五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)があり、現在では、特に視覚情報を使っての疑似体験が多いのではと思います。

バーチャルリアリティも、近年のCG技術の向上により面白いことができるようになってきています。

視覚情報であれば、専用のゴーグル状の端末を装着することによって、あたかも離れた場所や架空の空間にいるような感覚を体験できるようになりました。

最近では、視覚情報だけでなくそれこそ五感をフルに刺激するようなものがでてきているような気がします。

遊園地のアトラクションや映画館などで、そんな経験ができる施設ができています。

たとえば、その映像に合わせて落下するようなシーンでは実際に落ちている感覚を体験できたり、花などのシーンでは本当に匂いを感じたりと本当に面白いと思います。

今後そんな経験ができる施設が増えて行くと思います。

バーチャルリアリティや拡張現実は、今後さらに進化していくと思いますので、とても楽しみですね。

2017.03.21

おどろきの技術!空中ディスプレイの現状

映像を映し出す機器として、ブラウン管、プラズマ、液晶パネルなどさまざまなものがあります。

どれもスクリーンに映像を映しだして、それを直接見るのが基本です。

そんな中、空中に映像を映す技術が出はじめているようです。

ニュースや経済新聞なので一度は聞いたことがある人のいるかもしれませんが、何もない空間に映像が浮かび上がってくるようです。

とても不思議ですね。(私はすごいと感心しました。)

まだまだこうした技術が世の中にあふれてるわけではないので、試作だったりデモ機だったりすることが多いので見る機会は少ないですが、こんなSFの世界のようなことが実現できるようになってきています。

多くの企業がこの技術の実現にチャレンジしていて、細かい原理は各社異なりますがレンズの特性を活かした方法で映し出していて、遠くで映し出された映像を特殊な鏡やガラスに反射もしくは通過させることによって空中に結像するようです。

大きいものだと、人のサイズくらいの映像を映すことができるものがあったり、投影された映像の間を通過するなんてこともできるみたいです。

この技術を用いて近年着目されているのが、タッチパネルの代わりに操作盤を表示して、そこからシステムを操作することが検討されているようです。

利用用途としてこんな分野があるようです。

病院関係

患者さんが触ったものを他の人が触ることによって病気が感染することがあると思いますが、直接手で触れることのないパネルがあればそれが防げるのではと検討されているようです。

銀行関係

立体映像が正面からしか見えないことを利用して、正面にいる人にだけ映像を映すことができます。

そのため、ATMの暗証番号入力などに使えないか検討しているようです

空中で操作するとなると実際にタッチした感触が無いですが、接触したと感じるような技術も開発されつつあるようです。

これらの技術が運用段階になるのが楽しみですね。

★★ 結像 ★★

レンズの前に物体を置いたときに、物体に反射した光がレンズを通過することにより、反対側に像が映し出される事を指します。

この現象を利用して、遠くに映し出された映像を空間に浮かび上がらせているようです。

2016.09.01

便利なGoogleマップのマイマップ

近年スマートフォンが普及してきている事もあり、外出したときにGoogleマップなどの地図アプリ(サービス)を使ったりする事が多くなりました。初めて行く土地で、地図に現在地を表示しながら目的の場所に行く事ができるようになったのでとても便利です。

そんな地図サービスですが、Googleマップにはさらにとても便利なマイマップという機能があります。
この機能は、Googleアカウントを取得しておく必要がありますが、アカウントがある人であればだれでも使う事ができます。

マイマップの使い方については検索して頂くといろいろ出てくると思いますので割愛しますが、その名前の通り自分の地図を作って保存しておく事ができます。

地図を作るというのは、地図上に複数のピンを表示したり、直線を描画したり、ルートを入れたりでき、それをクラウド上に保存できます。

クラウド上に保存されるので作った地図を端末を選ばずにいつでも呼び出すことができ、事前に調べておいたルートを見ながら目的地に行くなんて事ができます。

また、地図上に複数ピンを立てられるので、拠点の場所を示したマップを作っておくなどができます。

基本的には作った地図は非公開なのですが、部分公開やWeb上の一般公開ができるので、目的に応じてシェアが可能です。

また、ホームページへの埋め込みもできるので事業所マップとして掲載する事もできます。

Googleマップを無料で商用利用する場合は、1日のアクセス回数や非公開ページでの利用に制限がありますので確認して頂ければと思います。

こんな便利な地図が無料で使えるなんて、便利な世の中になりましたね。

2016.03.22

QRコードとの連携

私達は、クラウドサービスであるセールスフォースをお客様にご提案させて頂く事が多々あります。
どこからでもアクセスができ、入力された情報を分析するのにたけているので、とても便利です。
顧客管理に特化したツールではあるのですが、データベースのフレームワークとしての使い方もでき、以前開発したシステムで面白い枠組みのものがありますので、ご紹介させて頂こうと思います。

あるお客様から、QRコードを使って入力・管理するようなシステムを開発したいとご依頼がありました。

最近、AndroidやiOS(iPhone、iPad)が普及してきている事もあり、そうした端末に付いているカメラで写真を撮影した後にソフトで解析するような仕組みを考えました。
カメラで写真を撮影した場合画像ファイルとして出力されるので、QRコードの情報を得るためにはプログラム的な画像解析作業が必要になってくるのですが、一からプログラムを作るよりも無料のプログラム(オープンソース)を使って実現する方が一般的なので、何を使うのか選定するのが重要になってきます。

私達は、別の案件で「ZXing」という解析プログラム(ライブラリ)を使った事がありましたので、それを採用しました。
このライブラリは、1次元コード(良く商品についているバーコード)と2次元コード(QRコード)を解析できるので、もしそんな仕組みを作る場合には、ご検討いただいてはどうかと思います。

端末のカメラを起動してQR解析をする場合、毎回カメラを起動して読み込みを行うので、回数が多いと現場での作業が遅くなるので何か手はないか相談を受けました。
先方と協議を行い、市販のQRコードリーダを使う方向で進める事になりました。
最近では、BluetoothでiOSと通信できるタイプのQRコードリーダーがいろいろ出ているようで、
実績はありませんでしたが、調査した感触でよさそうでしたのでQRコードリーダーを使う方向で開発を進めました。(良い経験をさせて頂きました。)
QRコードリーダーの接続タイプは大きく分けて2種類あるみたいで、
キーボードの代わりに使うタイプ通信データとして接続するタイプがあるようです。
キーボードの代わりに使うというのは、テキストを入力する画面(例えばテキストボックス)をアクティブにすると、普通はソフトキーボードが起動してきますが、その代わりにQRコードをから入力できるようになるなります。
(リーダーで読み込むと自動で文字が入ります。)
もう一方は、QRコードリーダーとの接続をプログラム的に行い、リーダからのデータを順番に処理をして行く事になります。
前者はプログラムを書く必要がありませんが、ただ文字を入力するだけなので細かい事ができないのに対し、後者は細かい事ができますがプログラムを大量に書く必要がでてきます。
用途によって使い分けかと思います。
システム全体としては、QRコードリーダからiOSのアプリをかえしてデータを収集し、アプリからセールスフォースにデータを保存していくようなシステムを開発しました。
この枠組みは在庫管理などでも使えそうな気がしますが、もし機会があったらそんな提案ができたらと思います。

「戦える営業チーム」を作るための
セールスフォース活用セミナー

営業支援システム(SFA)を利用するための基本的な知識を習得されたい方を対象として セールスフォースを例として挙げた「戦える営業チームの作り方」を皆様にお伝えします。定員5名様限定、参加は無料です。

セミナー新着情報

2017.06.02

「戦える営業チーム」を作るためのセールスフォース活用セミナー【7月、8月も継続開催】

本セミナーは、営業支援システム(SFA)を利用するための基本的な知識を習得されたい方を対象としてセールスフォースを例として挙げた「戦える営業チームの作り方」を皆様にお伝えします。

2017.04.10

「戦える営業チーム」を作るためのセールスフォース活用セミナー【好評につき継続開催】

本セミナーは、営業支援システム(SFA)を利用するための基本的な知識を習得されたい方を対象としてセールスフォースを例として挙げた「戦える営業チームの作り方」を皆様にお伝えします。

2017.02.22

「戦える営業チーム」を作るためのセールスフォース活用セミナー

本セミナーは、営業支援システム(SFA)を利用するための基本的な知識を習得されたい方を対象としてセールスフォースを例として挙げた「戦える営業チームの作り方」を皆様にお伝えします。

新着情報一覧へ

サイト内検索

このサイトの運営会社

株式会社アーティスティックス
〒411-0943
静岡県駿東郡長泉町
下土狩690-1-101号室

ページの先頭へ